光を反射して熱を遮熱。オガサ製工のスピード工事で店舗や工場、倉庫の暑さをすぐに解決します。

  • トップ
  • 暑さを解決する 遮熱工法の紹介

工場・倉庫の暑さを解決する 遮熱工法の紹介

無塵カバーリング工法に、99%の熱を反射する
薄さ8㎜の高性能アルミ素材「リフレクティックス」を使った
快適環境とコストダウンを同時に叶える屋根工事です。

無塵カバーリング工法に、99%の熱を反射する薄さ8㎜の高性能アルミ素材「リフレクティックス」を使った快適環境とコストダウンを同時に叶える屋根工事です。

たったこれだけで、工場・倉庫の暑さが解決し、
光熱費が大幅削減できるんです!

熱を反射する=素材自体が熱を持たない 「遮熱材」リフレクティックスです

素材自体に熱を吸収し、その熱を逃がさない工夫をしているのが「断熱材」ですが、時間が経過すると、蓄積された熱が放射されてしまいます。「遮熱材・リフレクティックス」は、99%熱を反射=遮熱しますので、熱の放射はたったの1%です。その1%もバブルポリエチレンによる断熱層でシャットアウト!

宇宙でも大活躍!高性能を発揮するリフレクティックスの7層構造

アルミ箔は99.99%高純度を使用。また、7層の接合は接着剤を使わないプラズマ方式を採用しているため、高い遮熱率が実現しています。


リフレクティクスは、
宇宙船や宇宙服に使用する「反射絶縁材料」として、
米国インディアナ州のリフレクティクス社が開発した素材です。その性能をNASAが認め、実際に起用しています。

■ 米国環境庁エネルギースター計画推奨品 
■ 環境マテリアル推進協議会推奨遮熱材
■ 国土交通省不燃認定品(NM-0838)  
■ 遮熱工法特許 第3962057号
■ 環境省業務部門二酸化炭素削減モデル事業の採用品 
■ 米国二酸化炭素削減補助対象商品

快適の大敵は「輻射熱」!

夏に、室内が暑くなるのは、外の熱が室内に伝わるからです。
熱移動の比率で75%を占めるのが、輻射熱。この輻射熱は断熱材では防げません。
熱を遮断し、素材自体が熱を持たない遮熱材・リフレクティックスなら輻射熱を99%遮断できます。

■ 輻射…物質の熱が赤外線により放射されて伝わること
例)太陽光やストーブの熱、アスファルトの「照り返し」など物質から放射される熱。
■ 対流…空気の流れで熱が伝わること
例)ストーブを付けていて、暖まった空気が上に昇り、冷気が下に降りる。
■ 伝導…物質そのものを通じて熱が伝わること
例)炎に直接触れているのはやかんの底なのに、やかん全体が熱くなる

改善事例はこちら
改善事例はこちら

ページ上部へ