オガサ製工の技術 雨漏りスピード解決

スマート施工・高性能であらゆる問題解決!

無塵カバーリング工法 - ZeroD-Roof(ゼロDルーフ)

現在の屋根の上を、最先端の技術を駆使した、軽量・強度の高い金属屋根材でカバーします。効率良い施工・高性能を実現した屋根工事です。

施工の流れ

【例】波型スレート屋根
現在の屋根にネットをかぶせ張り、作業者の安全と、古い屋根材の落下防止です。
既存屋根の固定ボルトを利用し、新しい屋根を固定するための金具「ゼロディーサドル」を取付けます。既存屋根に穴をあけることはありません。
「ゼロディーサドル」に、「金属タルキ」を取り付けます。
金属タルキに沿って、軽量で高い耐久力の「ガルバリウム鉄鋼屋根材」を専用の「特殊パッキン付ボルト」で「ゼロディーサドル」に取り付けていきます。
完成です。見た目もすっきりきれいに。古い雨漏り屋根で心配することが一切なくなります。
波型スレート屋根だけでなく、もちろん金属屋根など、どんな屋根にも対応可能です!

施工事例・お客様の声

高知県高岡郡日高村 - 紙加工用機械の製造工場
■ 物件/築30年 石綿波型スレート屋根 (1,200㎡)
■ 工法/無塵カバーリング工法 (既製のガルバリウム鋼板製カバールーフを設置)
施工前/施工後
相談 石綿スレート屋根の汚れや老朽化が目立ち、雨漏りがひどくなってきた上、屋根に設けた明りとりも機能しておらず、照明をたくさん使うので電気代のムダが多い。見た目のイメージも悪いので、屋根を改修したいとのことでした。最初は安価な塗装を検討されていたそうですが、塗装ではスレートの割れやフックボルトのパッキンなど素材の劣化は修復できず、雨漏り修理の保証も長期ではないと知り、「無塵カバーリング工法」についてお問い合わせいただきました。
現地調査&原因究明 屋根の表面は塗膜が剥がれ、コケが付着してかなり汚れていました。
雨漏りの原因は、このコケが雨をせき止め、雨水を吸収していることと、フックボルトやパッキンが劣化し、スレートにズレや割れが生じている点にありました。
施工
まず、作業用足場を設置し、作業員の落下防止のため既設屋根にネットを敷き込みます。次に既存のフックボルトに新設屋根の下地母屋金具を付け、ガルバリウム鋼板製のカバールーフをビス止め。明りとりには、耐久性と透明度の高いポリカーボネート屋根を施工しました。
(施工の様子の図)
工事を終えて
お客様より:
工事中も工場の稼働を止めることなく、しかも工事の音も全く気にならなかったのには驚きました。一番嬉しいのは雨漏りが完璧に修復できたこと。これまで雨が降るたびに製品や資材が濡れないよう移動してきましたが、その苦労からも解放されました。明りとりも新しくなって、わずかな照明で作業ができるようになり、電気料金が節約できそうです。見た目もキレイになったので、お客様からのイメージも良くなりそうで、本当によかったです。
紙加工工場・工場長様:もっと早く修理しておけばよかった!
雨漏りをきちんと直したいけど工場を休むわけにはいかず、修理を迷っていました。そんな時、無塵カバーリング工法のことを知り、稼働を止めずに工事ができるということですぐに決断しました。工事中は作業音もほとんどなく、工場内の養生も必要なかったので、いつもと変わらず仕事ができました。こんな工法があると知っていれば、もっと早く修理していましたね。
施設管理課・責任者様:施設の劣化や、雨漏りの
悩みがスッキリ解消
当社は、施設の老朽化に加え、施設内で使う天井クレーンの影響で毎日建物が揺れる為、屋根にヒビが入り、ひどい雨漏りに悩まされていました。なかば諦めかけていた時、既設の屋根を剥がさず工事ができるこの工法を知りました。ガルバリウム鋼板製の新しい屋根は、軽い上に割れや腐食に強く、継ぎ目もないから雨漏りの心配がないということで、これから長期間、安心して作業ができます。
食品加工工場・社長様:雨漏りの修理はもちろん、
夏の工場内が過ごしやすい
以前からところどころ雨漏りが気になり、雨漏りしている部分だけをその度に修理していました。それも年々箇所が増えてきたので、ついに「無塵カバーリング工法」で全面改修。雨漏りしなくなったのはもちろん、もっと驚いたのは、工場内の夏の室温。窓を閉め切った状態でも「前より涼しくなった」と、従業員が絶賛しています。
精密機械製造工場・専務様:初期コスト以上に長期の
安心感が得られ、大正解!
当社の工場は築40年が経ち、屋根が劣化して見た目もボロボロ。最初は塗り替えを検討していましたが、表面だけキレイになっても雨漏りの不安が残ります。その上業者には「塗り替え工事で雨漏りの長期保証はできない」と言われたのが決定的になり、「無塵カバーリング工法」に変更しました。コストは2倍かかりましたがこの先長期間にわたって安心感が得られたので、結果的には経費の節約になり、大正解でした。

ZeroD-Roof(ゼロディールーフ)の自然換気のイメージ

ゼロディールーフの断熱効果に関しては、豊橋技術科学大学(建設工学博士)本間宏教授が建築学会で発表した「二重屋根中空層の自然換気による日射熱排除効果の数値分析」の論文や実際にゼロディールーフを施工した某大手化学メーカーN社豊橋工場での実測実験で実証されています。

ゼロディールーフの施工時にできる既存屋根と新規屋根との空気層内で上昇気流が発生し、自然換気の現象を引き起こします。そして施設内部に断熱効果をもたらすというものです。その他に施工実績のある施設での現場作業員や経営者の方にお聞きすると、夏も快適に作業ができるようになったなどの作業環境の改善や、断熱による電気料金の節約に至ったなどの報告を受けています。

老朽化した工場施設の屋根を見栄えや強度を改善するとともに、消費エネルギーの低減や室内環境の改善についても効果があると考えられます。

<ZeroD-Roofによる温度変化>N社豊橋工場屋根 本間教授による実測値(実施日:2002年8月10日~12日)/スレート単層屋根とゼロDルーフの比較/屋根上面温度、屋根裏面温度、室温、黒球温度※1、床表面温度/※1 ※黒球温度:作業者が実際に感じる体感温度に近い実測値

よくある質問

今の屋根に新しい屋根をかぶせて負担はありませんか?
カバールーフは超軽量で高性能です
カバールーフは、1㎡あたりわずかペットボトル2本分の重さ。非常に軽量なので古い屋根や建物への負担がほとんどありません。強風に耐えられるかの、綿密な風圧計算で実証済みです。
既設スレート屋根の固定ボルトを利用して大丈夫?
(フックボルトの図)
固定ボルトの内側は劣化していません
下記の写真は、新品の固定ボルト(フックボルト)と30~40年経過した固定ボルトの断面です。表面がサビで劣化していても内部は全く劣化しておらず、強度に関しても強度性能試験を実施し、全く問題がないことが分かっています。これまで10万㎡以上の施工実績の中で、固定ボルトが壊れ屋根が外れたというクレームは1件もありません。施工現場毎に、固定ボルトの強度試験を行っていますのでご安心ください。
新品フックボルト/劣化品(30~40年経過)強度は十分あります/固定ボルトの強度試験 の図
固定ボルトを使用していない屋根はどうすればよいですか?
あらゆる方法で施工を可能にします
ほとんどの屋根材は基本的に固定ボルトで固定をしてあるため、それを利用してカバーリング用金具を取り付けますが、まれに固定ボルトを使用していない屋根があります。その場合は、屋根の接合部などを利用する特殊金物を利用します。対応品が無い場合は、当社の製造技術者が造ります。
カバーリング工法ができない屋根はありませんので、ご安心ください。
工事の保証はありますか?
安心の10年保証です!
メーカーによる資材の保証、当社と保証センター合同の施工保証、大手保険会社のPL保険(製造物責任法に基づく損害賠償責任を補償する保険)を完備しています。補償は10年ですが、通常の環境下では20~30年の耐久性があります。
鋼板製の屋根は太陽熱で暑くなり、夏の室温が上がりませんか?
いいえ。夏の室温は下がります!
既設スレート屋根と新設屋根との間に空気層ができ、これが断熱空気層となり、室内の温度を下げます。屋根面の熱量は、スレート屋根単体の場合より約20%も低減されます。クーラーも効きやすく、光熱費も大幅カット!
工期はどのくらいかかりますか?
工期を気にせず通常業務OK!
100~200㎡で4~5日、500㎡で1週間、1,000㎡で2週間弱です。工場や店舗、事務所の稼働をしたままの工事なので、工期に関わらず業務に支障をきたすことはありません。
工事中の作業音が心配。気にならないでしょうか?
音はほとんど気になりません
作業中の音は、電動ドリルの音程度です。施工させていただいたお客様からは「屋根の上で作業していることに気づかなかった」という声もいただいています。

施工事例へ